カテゴリー「PC」の記事

2020/11/05

Z400パワーアップの限界

2018年の1月に大騒ぎしてマザーボード交換したHPのZ400ですが、まだ使っています。笑
さすがにメインマシンには厳しいですが、サブマシンとして毎日稼働してくれています。

Zシリーズを愛機として選んでるのは、そもそもワークステーション機なので、筐体やパーツが工具なしで分解できたり、長寿命な電源ユニットを使っていたりするおかげで信頼性が高く、メーカー直のアウトレット品が割安で、結果的に(時間も費用も)安上がりになるという理由です。

20201105-184628

このZ400は後期モデルなので、発売したのが2010年(一年後にアウトレットで購入)つまり安定して10年近くも使えてるので、元を取るどころかしゃぶりつくしたかなと思っていますが、まだ不調じゃないのでもう少し粘ってもらいたいところです。

シングルのXeon W3690(CINEBENCHのスコアを見ると、第七世代のCore i3ぐらいの能力)でメモリも最大搭載量の24GB、GPUは初期搭載のQuadro4000をQuadroK2000に交換してますが、アーキテクチャー的にはこれで限界なので、もうパワーアップは無いだろうと思っていました。

ところが、別の目的でデスクトップ用にNVMeのドライブをPCIeで接続できるボードを探していた時にこんなものが!
(この記事を書いた時点でAmazonの実売で5000円前後。)

61drlhoxfl_ac_sl1000_

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B017IBWBFK/

そう、2.5インチのSSDをPCI-Expressに接続して、高速に読めるようにする珍品です。
Z400のストレージはSATAなので、500MB/sのSSDを繋いでも280MB/s程度しか速度が出ないのですが、PCIeバスは2.0なので実効データ転送速度は片方向500 MB/sですから、現状よりは高速になると期待して購入してみました。

20201105-124013

このSSDは交換して間もないので、そのまま使うことに。

 

まず、付属のデバイスドライバー(シングルCDでした)を入れてこのアダプター自体を認識できるようにする。

Photo_20201105194101

マウンターを取り出して、念のため静電マットの上で買ってきたアダプターへ移植作業をする。

20201105-12402820201105-124352

※ボード上にSATAの端子(写真だと左下)がありますが、そこは非常時に通常のSATAで起動できるようにするものなので、何も繋がないでおく。(データはPCIバス経由で高速化できるので、接続したら意味がないです。)

サービスマニュアルによると、PCIe2で75W電力供給できるスロットは2つ、スロット2はグラボで使ってるのでスロット4に挿して起動。

Photo_20201106105801

出展:Z400サービスマニュアル

https://jp.ext.hp.com/lib/doc/manual/workstation/hp_workstation/504630_291.pdf(PDF注意)

20201105-191532

特にトラブルもなく起動できたのでベンチマークをとってみると、交換前の速度で280MB/s、交換後は同じ個体のSSDでも350MB/sとあります。もちろん理論値の500MB/sは期待していませんでしたが、300MB/sは余裕で超えて1.25倍(書き込みは1.6倍)向上しました。
これで5000円の追加コストが見合うのかは主観でしかないですが、個人的にはちょっと不満かなとは思います。

Z400_san500g_ssd_diskmarkZ400_san500g_ssd_pci_diskmark 

さて、このパワーアップしたZ400ですが、コマンドラインから「> winsat formal」だけで確認してみたところ、WindowsExperienceでシーケンシャルリードが7.9、ランダムアクセスが7.8なので、以前の7.3/7.2から比べると向上しているのがわかります。

Photo_20201106104801 

CINEBENCHで単純にCPUだけ比較してみると、レンダリングに使ったりするメインマシンとは7倍も性能差がありますが、普段の業務には全く支障がありません。(左はZ400、右はZ840)

現状の構成でも2017年式のThinkPad X270に負けない程度には使えていますので、ワークステーションは素晴らしいなと思いました。
Winsocre

これであと二年は戦える(かも)

-----
※このあと、何度か再起動をしていたらメモリが壊れているというエラーが!
壊れたのはサムスン製の4Gメモリ(PC用)で、最初から純正で付いているhpのメモリ(サーバ用)は10年近く毎日動いています。
これはサムスンが悪いのではなく、PC用のメモリとサーバ用のメモリの違いかなという感じです。

20201105-142616

2018/01/25

Z400の修理

blogに失敗談を書くことは、それだけで「ネタができた!」と気分転換になります。

 

さて、先日のサーバー機ですがCPU交換してから快適だったので、それに味をしめてパソコンのCPUも交換しようと思いつきました。

 

僕が使ってるのは8年も前のワークステーションでHPのZ400です。
GPUはquadro4000だし、コンシューマ向けのPCと違って作りもいいし、当時のミドルエンドなXeonプロセッサを積んでるお陰で、ゲームもレンダリングもやらない環境であればSSDだけ現代のを使ってれば特に遅くて困る事も無かったのですが、このマシンに搭載できる最高スペックのCPUも手ごろな値段で買えるようになっているので、この際一番最高な状態で使い倒して寿命まで頑張ろうとか思ったのです。

 

4_2

 

純正では最上位モデルに搭載されてるxeon w3690も2万円しないぐらいで簡単に手に入れて、CPUクーラー(水冷)を外して、あっさり終わらせようかなと思っていたんですが、ここで悲劇ががが!!

 

昔のCPUソケットと違って、マザーボード側が剣山みたいになってるので、破損したらアウトだなって思いながら作業してたわけですが、見事にCPU落として曲がりました。泣

 

老眼気味の僕にはキツイ作業ですが、こうなったらピンを戻すしかありません。
作業性を考えて全バラシして、ついでに埃も掃除してみました。

 

HPのマシンは整備性が非常に高く、このZ400もマザーボードを外すのはネジを外さなくても、ワンタッチでベースプレートごと取れるようになっていて、ケースから簡単に分離できます。

 

2_2

 

これで上手くいけば、きれいに埃が取れてよかったぐらいに自分をごまかせるのですが、仮組みから電源を入れても起動しませんでした。

 

どうやら修正が甘かったらしく、どこかでショートしたのでしょう。
もう一度念入りにCPUソケットをルーペで拡大しながらきれいに直しました。

 

3

 

 

これでも起動しません。泣
もちろん、CPU側の不具合も考慮して、新・旧CPUを交換して試したりしてます。

 

 

さて、ここからの選択肢として....
1.修理をあきらめて部品取りして別のマシンをアップグレード
2.マザーボード交換(同型か次世代か)
3.捨てる

 

1.は同型機がスペアとしてあるので、そちらを最高スペックにすることは可能だったのですが、スペアはそれなりに使うこともあり、あまり触ることなくコールドスタンバイでいて欲しいというのがありました。
2.のマザーボード交換は同型機の中古品がヤフオクで8000円、CPUソケットのみ交換ならAmazonで1400円で入手可能、手間を考えれば前者でいいのですが、それならいっそのこと8年前のモデルを直すのではなく、次世代機のマザーボードというのも考えました。
ただし、CPUとメモリは使えなくなります。継ぎ足して24Gあるメモリを買い換えるのは、あぶく銭でもあれば良かったんですが、経済的にも心理障壁も高すぎるため断念。

 

いっそマシンごと買い替えのタイミングなのではないかと思い始めたぐらいですが、結局は、マザーボードの交換という事にしました。

 

1

 

 

全バラシしてたマシンを組み立てるのであれば、マザーボード交換の手間は同じだし、自分のミスを8000円でカバーできるのであれば、何万も出して買い替える必要はないという判断です。

 

ということで、現在そのマシンでこの記事を書いてるわけですが、一番いいCPUを選んだお陰で快適な気がします。

 

ちなみにWindows10のライセンス認証ですが、マザーボードを交換してるわけですから認証が切れてしまいます。特に僕のはWindows7からの無償アップグレードだったのでパーツ交換すると認証が通らなくなるのですが、マイクロソフトの認証センターに事情を言えば(チャットでやりましたが)旧ライセンスのロックを解除して、同じプロダクトIDで再認証できるように手続きをしてくれます。

 

これであと2年戦えたらいいなあ。

------------------

2020年追記:まさか本当に2年以上現役で使えるとは。笑

http://espada.air-nifty.com/diary/2020/11/post-18ede3.html