カテゴリー「携帯・デジカメ」の記事

2013/10/17

デュアルSIMアダプター

僕は香港で買ったSIMフリーのiPhone5に、ドコモのxi契約したSIMを入れて運用してるんですが、理由はドコモには二段階のパケットし放題プランがあるため※で、会社や家でWiFiが使えるのと、パケ・ホーダイ ダブル(2100円)であっても、ドコモWiFiが永年無料のために外で3Gで通信することがあまりないためです。


※追記:「パケ・ホーダイ ダブル2」は2014年1月31日で新規受付終了しています。

通話はフィーチャーフォン(ガラケー)でするのが好きなので、二台持ちになってしまうのですが、キャリアは両方ともドコモなので、他キャリアと通話するときに通話料が割高です。

せっかくSIMフリーなiPhoneなので、ソフトバンクのSIMも入れたいと思っていたので、デュアルSIMアダプターを色々物色していたら、simoreに素敵な商品が!

1

simore(商品ページへのリンク


これは、ありがちなデュアルSIMアダプターを専用ケースに格納したもので、イジェクトピンや純正SIMトレーを収納するスペースもある親切なものです。
背面にあるスイッチでSIMを切り替えるので、便利っぽいんですが電源ON/OFFで切り替えるのは、今までのアダプター系と同じです。
他にiPhoneの画面上で切り替えられるようなケースも売ってたのですが、不審な切り替えアプリよりこっちのほうが安心だったのでこれにしました。
4

2

素材はプラスチックで、質感はアキバで500円ぐらい売ってるケースより少しマシな程度。
この物理的なボタンで切り替えるようになっています。
3

構造はこんな感じで、すごく合理的なレイアウトです。
ということで、2キャリアのSIMを挿してテスト。
5

無事動きました。
しばらくこれで運用してみます。=

2011/02/15

液晶の保護フィルム

僕はiPhoneの液晶面に保護フィルムを貼っている。

普通の携帯電話では、こういうグッズは全く興味がないというか、車のバンパーを保護するシールみたいで好きじゃなかった。 (バンパー本来の意味を考えるとです。)

ところがiPhoneは、液晶面に指をスライドさせるなんていうインターフェースであるがために

・映り込みが少ない
・指の滑りがよい

という機能向上が望めるので、ポリシーをちょっとだけ曲げて使ってみた。

最初に買ったのはバッファローのBSIPP6FEで気泡0.00%とかいう商品。
なんと1200円もする。
Bsipp6fe_im6

気泡が入らない秘密は、接着面にエンボス加工がされていて、空気が入ってもそこから抜けていくという仕組みだ。

たしかにこういう作業が苦手な僕でも、普通に貼り付けても気泡は一切入らなかった。
お風呂場で全裸でブロアーを使いながらフィルム貼りなんて、誰かに見られたら通報されるレベルの作業も不要でした。

ところがエンボス加工されているがために接着が甘く、特に寒いところで使っていたら、角に指が当たったらその勢いで剥がれてしまった。
何度も貼り直しができるタイプなので、貼り直しはしたのだが、その何度かを繰り返すうちに粘着力がなくなってきてしまった。

仕方ないので次に買い換えたのは、ELECOMのMPA-P10F

こっちはだいたい800円ぐらい。
これに替えてみて気づいたのは透明度だ。

指の滑りはバッファローのほうが良いのだが、透明度はこちらの方がかなり高くて液晶が綺麗に見える。指の滑りと貼りやすさを気にしていたが、実は透明度も大事だというのに気付かされた。

保護フィルムは機能も値段もピンキリですが、たかがフィルムを何度も買い換えるのはもったいないのでオススメしておきます。

バッファロー 液晶保護フィルム イージーフィットタイプ
http://buffalo-kokuyo.jp/products/phone/film2/softbank/bsipp6fe/

【オススメ】ELECOM 液晶保護フィルム マット MPA-P10F
http://www2.elecom.co.jp/avd/cellphone/protection-seal/mpa-p10fl/

2010/10/26

SIMロックフリー

日本無線がSIMロックフリーの携帯電話の販売を開始するらしい。

プレスリリース
http://www.j-com.co.jp/news/release/1058.html

アキバにいると、街中のいたるところでSIMロックフリーのiphone4(9割は香港版)を売っている店舗を見かける。

正式な通信事業者が参入することによってどうなるか、今後の展望は気になる。
当社で代理店になれないか、早速資料請求したのはいうまでもない(笑)

ちょっと前までは、日本で並行輸入の携帯電話を売ろうと思っても、認可を取っていない端末は電波法違反になった。
ところが総務省から規制緩和が行われて、国内の事業者が認定をとっていれば並行品の携帯電話でも、国内で利用することが不可能ではなくなり、さらに認定を取っていない端末でも取りやすくなったのだ。

※あくまでも認可はとらないと電波法違反には変わりません。

3Gの携帯電話はチップセットがQualcommかMediaTekでほとんどのシェアを持ってるので、審査する側も楽なんでしょうけど。(Intelの戦略と同じだ。)

総務省は「SIMロック解除」そのものにも、ガイドラインを出しているが、先行してる事業者の利権確保と後発の事業者への公平性との兼ね合いで迷走気味なのだが頑張ってほしい。

それどころか、もっと中小企業にもチャンスをください!!

2010/07/02

やるな!キングジム

ポメラはそれなりに売れているようですね。
この名刺管理ガジェットは、かなり琴線に触れました。
20100701182617_180_

名刺はいっぱい溜まるんだけど、会社でOCRに読んでおいても持ち歩かないし、年賀状リストでしか出番がない。
名刺そのものを持ち歩けないかと思っていたところです。

本体に名刺スキャナーとビューワーを内蔵しているという緻密感がいい。
あとは現物を見ての質感で決めたいところですが、キングジムはわりと質感がいいので期待しています。

8/6発売予定らしいです。

ピットレック
http://www.kingjim.co.jp/sp/pitrec/

2009/03/26

白ロム屋さん

僕の会社は秋葉原にある(このタイトル通りだ)のですが、いつか出るだろうと思っていた、白ロム屋さんがOPENしていました。722263_1003923325

白ロムとはSIMカードの入っていない携帯電話、つまり自分のSIMカードを挿せばそのまますぐに使うことができる状態の携帯電話です。このお店の場所はドンキの対面、回転すしの隣にあるんですが、価格は市場が出来上がっていないのでコメントしにくいですが、買取も販売もヤフオクのほうがお得なようです。

ただ、急いでるときには重宝しそうです。水没して今すぐ交換したいとかニーズはあると思います。
古い機種を安く売るというのは今の時代にマッチしてますね。これもエコですか。

ちなみに、じゃんぱらでも白ロムの取り扱いが始まっていました。
インセンティブを付けないで販売する方法になったお陰で、購入時に負担する金額が増加した携帯電話ですが、最新型でなくて良い人にもオススメしたいですね。

2009/03/24

レンズキャップをグレードアップ

先日のLX2にレンズキャップを付けた話の続きですが、友人に人工皮革を切り出したパーツを頂いたので、極薄の両面テープで固定してみました。

↓貼る前の状態
A


貼り付けた状態。
B

純正ケースや、元々ケースの一部に貼ってあった皮革とソックリ!
D

レンズを開くとこんな感じ。
C

質感アップに大満足です。

2008/10/17

GX用キャップをLX2に

リコーのGX100/200用の自動開閉キャップという便利なものがあって、レンズキャップのあるデジカメに流用するのが流行ってると聞いていつか試したいと思っていた。

友人のblogでLX3での問題点(LX3は最望遠でレンズが引っ込む) を指摘してくれたのであきらめてたんですが、僕が使っているLX2は最望遠でレンズが飛び出すということに気づいた。

amazonで注文するほど待てない衝動に駆られたので近所のソフマップにて1500円で入手。
しかもカメラ用品を買うとSDカードが半額になるというキャンペーンをやっていたので8Gの3倍速でSunDisk製という最高級SDカードを4000円でゲットしました!

GX用に作られてるモノなので、内側にちょっとしたでっぱりがあるので、それを手元にあったルーターで削ってみる。 「合わない→また削る→合わない」の微調整を繰り返して完成。

この手のは削りすぎるとユルくなるので気をつけてやりました。

あえなく完成。
P1000431

電源を入れた状態でこの程度。
P1000434

最望遠ではこうなるので、まったく被らないです。
P1000435

レンズキャプをはずして撮影するのが、かなりストレスだったのでLX2の出番が増えそうです。

2008/03/12

iモード.net使ってみた

ドコモが3/11からマイドコモの拡張機能としてiモード.netのサービスを開始した。
これは「携帯電話のiモードメールと同じアドレスをパソコンサイトからWEBメールとしてご利用いただけます。」とアナウンスどおりの機能でしかないが、気になる点があったので早速入会して試す。幸いマイドコモの会員登録はしていたので簡単に入会手続きができた。

B

懸念事項
 1:MMS(ここではi-modeメールのこと)のプライバシー度の低下
 2:なりすまし
 3:PCからSPAMが送り放題かも

1はローカルの端末で送受信終了していたメールがネット上に存在することになるのでちょっとアレが心配。2は実験してみたがワンタイムパスワードを選択すればほぼ不可能なので安心。3はロケットマウスで実験してみたが送り放題だった。というかブラウザで動くのでどうにでも出来そうなので業者は大喜びなんだろうな。そのうち対策されると思うけど。

メリット
 1:スマートフォンでもiモードメールが使える
 2:長文のメール作成が容易
 3:メールのバックアップがサーバにできる

1は非常にありがたいがMMSの最大のメリットであるプッシュ型メールの意味がない。
かといって定期巡回すると逆に通信料がかさむのではないかと思われる。
2は受信に金がかかるドコモのメールで意味がないような気がする。キャリアは儲かりますが。

画期的ではあってもユーザメリットがほとんどないのが残念ですが、これから2in1のように熟成されていくのを望みます。

A

あと、ドコモの無料ソフト「データリンク」は現在のバージョンではオンラインにデータが保存できる。
その電話帳とリンクしてくれるのはいいんですが、予備知識として知らなかったので、送信テストをしたメールにいきなり名前がくっついていたのはビックリしました。

ちなみに下の写真参照ですが、携帯にはログインするたびに通知されるようです。
これの非通知設定がいまのとこ見当たらないので、なりすましは防げそうですね。

C

つまりiモード.netを勝手に契約して、ワンタイムパスワードを無効にしてなりすまそうとしてもログイン情報は通知されます。迷惑メールに「imode.net.center」を勝手に指定した携帯はどうなるのか実験してません。

ニュースリリース
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/

iモード.net
https://imode.net/cmn/top/

2007/11/16

またNOKIA

1

先日のx01NKですが、レーザー彫刻機でIBMのロゴを入れました。これが塗装した黒がレーザーで消えて下地のマグネシウム合金が出てきて色合いがピッタリでした。

現代に蘇ったworkpadだと思って引き続き愛用します。

拡大写真(※このロゴは個人で楽しんでいるものです。同じものを作りたいと依頼されてもお応えできません)
2


2007/11/13

続・NOKIA x01NK

なんだかブラックベリーにそっくりです。
616244332_248

NOKIA E61と見た目は同じなのに色々アレな具合があるx01NKですが、最近はずっとお気に入りで常に持ち歩いています。
無線LANが使えるので、それなりに快適にネット環境も使えるし、スマートフォンでMMSを受信するのがこんなに楽なんだと思わせる端末です。

IBM風なカスタムを目指してますが、ボディがマグネシウム合金だというのを生かして、つや消し黒に塗装しました。
これは経年劣化で角がスレてきたりすると金属の地が出てきて格好良くなるんじゃないかと思った次第で、問題はスレるまでこの端末を使い続けるのだろうか?それだったら最初からヤスリで磨いちゃおうかなとか思ったことぐらいです。

1

expansysで社外品のクレイドル(2960円)も入手。
これの良いところは旧規格のNOKIA充電器(丸が大きいほう)が使えるのと、ACにつながなくともUSB接続だけでも充電が可能なことです。

2

ついでにNOKIA純正ケース(2270円)も買ってみたんですが、どうにもゴツくて持ち歩きにくい。こういうものは日本人には合わないものなんでしょうか。仕方ないのでアキバのヨドバシで物色したところ、信頼のzeroshockブランドでピッタリのものが!

3

これは980円とお買い得でした。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ