« ガイガーカウンターとiPhone、iPadを繋いでみた | トップページ | スマホのカメラで放射線を検出する »

2012/01/13

HDDのクローンを作る。

【追記】
※記事中のリンク先は、窓の杜掲載時のver2.0までは大丈夫でしたが、最新版では不審なプログラムをインストールする可能性があるので注意してください。使用後は復元ポイントを利用して元に戻すのをお勧めします。

理解できない人は使用を控えてください。


----

Windowsの再インストールなんて、食べたパンの数を覚えてないぐらいやってきましたが、いまさらXPを再インストールしようとすると、アップデータが膨大で、サービスパック3まで充てると一日仕事になります。

会社にある三台のPCを再インストールしなくちゃいけない状況にあって、さてどうしようと考えていました。
幸い被験体は全く同じ仕様のPCなので「こりゃHDDをクローンで作れば一台分の手間だけで済むな」と考えた。

ということで、HDDのクローン市場がどうなってるのか確かめてみた。
答えはすぐに出ましたが、結局は定番の「EASEUS Disk Copy」に行きつく。


窓の杜の古い記事
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/08/26/easeusdiskcopy.html

これを使います。→ToDoBackUP
(リンク先:窓の杜 日本語版がダウンロードできます。)

フリー版でさえも、僕が知ってる時代より3〜4年も経っていたので、進化していました!
以前はブートできるCDを作ってそこから二台のHDDをクローン化するという作業だったのですが、今はWindows上で「クローンを作る」を選ぶだけになりました。

A

起動して「Disk Clone」を選んで、ソースHDD、コピー先HDDを選ぶだけです。
なんと!!容量違いでも問題がなく、小さいHDDから大きいHDDだけでなく逆もできちゃいます。

これでisoイメージを焼く手間や、ディスクを逆に選択肢したりというミスもなくなりました。

....ということで完璧にクリーンインストール&アップデートしたXPを4時間(←あれ?一日かかってないw)で作って、二台目のクローンHDDはたったの15分で完了。

そして、同じPCに使うバックアップや載せ替えのHDDなら問題ないですが、僕がやったみたいなケースはWindowsのライセンス違反になっちゃうので、プロダクトキー変更ツールでライセンス更新をします。

プロダクトキー変更ツール(OS別にあるので注意)
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/help/genuine/product-keyAaa

この三台はWindowsXPがプリインストールされていたものなので、ケースにライセンスが貼ってありました。小さい字を苦労して読みながらそのキーを入れて更新。

Aa_2

ちなみに、このツールはインターネットに繋がっていないと動きません。
しばらくすると完了メッセージと共に再起動をするか聞かれるので、そのまま再起動をします。

再起動後、これでOKだ!みたいなメッセージがでるので、次へ進むと普通に起動してくれます。
「スタート」→「Windowsのライセンス認証」を忘れずに!!

さて、これでライセンス違反にならずにアクティベートが完了しました。

« ガイガーカウンターとiPhone、iPadを繋いでみた | トップページ | スマホのカメラで放射線を検出する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ