« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/02/15

液晶の保護フィルム

僕はiPhoneの液晶面に保護フィルムを貼っている。

普通の携帯電話では、こういうグッズは全く興味がないというか、車のバンパーを保護するシールみたいで好きじゃなかった。 (バンパー本来の意味を考えるとです。)

ところがiPhoneは、液晶面に指をスライドさせるなんていうインターフェースであるがために

・映り込みが少ない
・指の滑りがよい

という機能向上が望めるので、ポリシーをちょっとだけ曲げて使ってみた。

最初に買ったのはバッファローのBSIPP6FEで気泡0.00%とかいう商品。
なんと1200円もする。
Bsipp6fe_im6

気泡が入らない秘密は、接着面にエンボス加工がされていて、空気が入ってもそこから抜けていくという仕組みだ。

たしかにこういう作業が苦手な僕でも、普通に貼り付けても気泡は一切入らなかった。
お風呂場で全裸でブロアーを使いながらフィルム貼りなんて、誰かに見られたら通報されるレベルの作業も不要でした。

ところがエンボス加工されているがために接着が甘く、特に寒いところで使っていたら、角に指が当たったらその勢いで剥がれてしまった。
何度も貼り直しができるタイプなので、貼り直しはしたのだが、その何度かを繰り返すうちに粘着力がなくなってきてしまった。

仕方ないので次に買い換えたのは、ELECOMのMPA-P10F

こっちはだいたい800円ぐらい。
これに替えてみて気づいたのは透明度だ。

指の滑りはバッファローのほうが良いのだが、透明度はこちらの方がかなり高くて液晶が綺麗に見える。指の滑りと貼りやすさを気にしていたが、実は透明度も大事だというのに気付かされた。

保護フィルムは機能も値段もピンキリですが、たかがフィルムを何度も買い換えるのはもったいないのでオススメしておきます。

バッファロー 液晶保護フィルム イージーフィットタイプ
http://buffalo-kokuyo.jp/products/phone/film2/softbank/bsipp6fe/

【オススメ】ELECOM 液晶保護フィルム マット MPA-P10F
http://www2.elecom.co.jp/avd/cellphone/protection-seal/mpa-p10fl/

2011/02/09

スマートフォンのセキュリティ

ネットワークセキュリティ会社を古くからやっている関係からか、会う人会う人に「スマートフォンのセキュリティは考えたほうが良いのでしょうか?」と聞かれる。
アンチウイルスの会社やネットセキュリティの会社が「スマホにもセキュリティを!」とか煽ってる(失礼)からだとは思うのですが、ここでいうセキュリティはちょっと分けて考えたいところだ。

1.ウィルスなどの端末そのものへの被害
2.紛失などによる情報流出被害

ものすごく大きく分けて上記の二点。
1.は公式なストアからアプリを買っている時点で、ある程度は担保されていると思って間違いない。iPhoneでジェイルブレイク(脱獄)をして、勝手アプリを入れたりした場合は、何かが仕込まれているアプリかもしれないので、そこだけ注意は必要ですが、普通に使っている分には気にしなくてもいいと思います。

2.は今のところ一番考えられる脅威ではないでしょうか。
なにしろポケットに入る情報端末、電話帳だけでなくクラウドに大切なファイルを入れていたり、ローカルに顧客名簿や自分のパスワード、銀行の乱数表や社内メールをGmailへ転送してるなんてケースもあるかもしれない。
遠隔ロックできるような設定をしておくのはもちろん、起動時に簡易ロックぐらいはしておくのが当然ではあるけども、セキュリティレベルを上げるのは、利便性を犠牲にするので個人の使い方次第。

ただし、ノートパソコン並の情報を持ち歩いているという意識を忘れないで欲しいです。
(個人的には指紋認証を搭載したものが、早く登場していただきたい。)

と、こんなことを書いちゃうと、自分の商売としてどうなのよ?と思うところはありますが、必要以上に脅かして余計なコストを負担させるなんてビジネスはしたくないというのもありますし、あくまでも「今日の時点で」というお話だと思っていただければ幸いです。
(明日にでも悪意のあるコードを埋め込んだサイトから、ウィルスを強制ダウンロードさせられる被害もあるかもしれないですから)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ