« 久しぶりの家電購入 | トップページ | Bluetoothブレス »

2008/03/12

iモード.net使ってみた

ドコモが3/11からマイドコモの拡張機能としてiモード.netのサービスを開始した。
これは「携帯電話のiモードメールと同じアドレスをパソコンサイトからWEBメールとしてご利用いただけます。」とアナウンスどおりの機能でしかないが、気になる点があったので早速入会して試す。幸いマイドコモの会員登録はしていたので簡単に入会手続きができた。

B

懸念事項
 1:MMS(ここではi-modeメールのこと)のプライバシー度の低下
 2:なりすまし
 3:PCからSPAMが送り放題かも

1はローカルの端末で送受信終了していたメールがネット上に存在することになるのでちょっとアレが心配。2は実験してみたがワンタイムパスワードを選択すればほぼ不可能なので安心。3はロケットマウスで実験してみたが送り放題だった。というかブラウザで動くのでどうにでも出来そうなので業者は大喜びなんだろうな。そのうち対策されると思うけど。

メリット
 1:スマートフォンでもiモードメールが使える
 2:長文のメール作成が容易
 3:メールのバックアップがサーバにできる

1は非常にありがたいがMMSの最大のメリットであるプッシュ型メールの意味がない。
かといって定期巡回すると逆に通信料がかさむのではないかと思われる。
2は受信に金がかかるドコモのメールで意味がないような気がする。キャリアは儲かりますが。

画期的ではあってもユーザメリットがほとんどないのが残念ですが、これから2in1のように熟成されていくのを望みます。

A

あと、ドコモの無料ソフト「データリンク」は現在のバージョンではオンラインにデータが保存できる。
その電話帳とリンクしてくれるのはいいんですが、予備知識として知らなかったので、送信テストをしたメールにいきなり名前がくっついていたのはビックリしました。

ちなみに下の写真参照ですが、携帯にはログインするたびに通知されるようです。
これの非通知設定がいまのとこ見当たらないので、なりすましは防げそうですね。

C

つまりiモード.netを勝手に契約して、ワンタイムパスワードを無効にしてなりすまそうとしてもログイン情報は通知されます。迷惑メールに「imode.net.center」を勝手に指定した携帯はどうなるのか実験してません。

ニュースリリース
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/

iモード.net
https://imode.net/cmn/top/

« 久しぶりの家電購入 | トップページ | Bluetoothブレス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。