« PCに背面液晶 | トップページ | 携帯電話市場の将来 »

2007/04/23

迷惑メールの判定

ウィルスバスターのライセンスが、1アカウントあたり3台のPCまで使えるようになった。(だいぶ前ですが)

会社と家とモバイルの3台に同じライセンスが使えるので、素晴らしく便利になったわけですが、いままで個別にライセンス購入をしていたので、それぞれ有効期限がバラバラで、年に何度も有効期限が切れる通知やポップアップがあってそれがストレスでした。

トレンドマイクロのサイト内でライセンスの統合が出来るので、ライセンス統合と有効期限の延長をいろいろしてみた。

有効期限の一番長いものに統合すればいいと考えたのでシリアルを書き換えようと思ったが、ウィルスバスター2007はシリアル番号を入れ替えるのに再インストールが必要だったので素直にアンインストールしてから入れなおした。

いつもの僕だとこの瞬間にウィルスに感染したりして、日記のネタになったりするところですが、そんなネタが毎日あるわけでもなく、あっても困るわけで。難なく再インスコ完了

迷惑メールの判定を全て入れなおさなければいけないので、面倒だから他のPCからエクスポートできないのかと探してみたがそんな機能は無いらしい。

「教えてBP」でも同じ質問をしてる人がいたが、冷ややかな回答しかなかった。
http://oshiete.nikkeibp.co.jp/qa2903615.html

最悪、バイナリエディタで該当部分をコピーしたりすればいいやと覚悟して探してみた。
とりあえずレジストリエディタで検索してみたが無い。

ということでウィルスバスターがインストされてるフォルダでソレらしいのを探してみる。

Ddd

そのフォルダを開いたまま、迷惑メールの判定を更新すればタイムスタンプが更新されたファイルが、それを収納してるファイルということだ。

....見つけました。

ASPBList.dat(拒否リスト)
ASPAList.dat(許可リスト)

これらのファイルは幸いプレーンテキストだったので、それぞれ記述すればOKというきわめて単純な話でした。
ウィルスバスターを再起動しないと反映はされないようです。

同様のことをしたい人は自己責任でお願いします。

« PCに背面液晶 | トップページ | 携帯電話市場の将来 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。