« 自慢の携帯 | トップページ | 健康第一ですね »

2007/03/27

起動パスワードを突破する

クラック的な話ではないです。

ThinkPadをx30からx60に乗り換えて環境の移管も終わったので、
x30をクリーンインストールしようと思ったんです。

重要なデータや顧客情報を持ち歩くことも増えたので、私が情報流出させたらシャレにならないと思って起動時にWindowsではなく、BIOSでパスワードをかけることにした。(その点x60は指紋認証があるので安心)

パワーオンパスワードなので、電源を入れたときにパスワードを聞かれ、これを突破するには分解してBIOSから直接パスワードを吸い出して、しかも暗号を突破をするという物理的な細工をも伴うので少しは安心です。

設定完了して再起動....ところが!!
いま設定したパスワードでエラーが。

ちょっとアセりました。
CapsLockとかしてたかな??と思い、色々試したけど先に進まない。
幸い3度間違えても電源の再投入でやり直せるので、隣のキーを押したりして、だんだん必死になってきました。

ダメ元でIBMのヘルプを見ることに。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0259796#240

>1 ~ 7 文字の任意の組み合わせが可能です。

これでした。
私が設定したパスワードは8文字、つまり7文字分しか記憶していないと気づきました。
設定したパスワードの7文字目まで入力してenterキー。

...OKでした。
こういうミスって気づかないと1日仕事になったりするから恐ろしいです。
5分で気づいてよかった。

« 自慢の携帯 | トップページ | 健康第一ですね »

コメント

私も8年前に同じことをしました。
ThinkPadを外出先でなくすと問題になりそうなので、BIOS設定パスワードを設定しました。その後、お客さんのところでプレゼン。
電源を入れてパスワードを入力しても、エラー。

「パソコンの調子が悪くて、休憩に入ってもらいました。」顔が真っ青の状態で、どうやって切り抜けようかなと思っていた。たまたまマニュアルが手元にあったので、それを読むと7文字制限。

同じく私も8文字のパスワードを設定していたので、10分ぐらいかかりました。

これって、ThinkPadユーザーは陥りやすいかもしれませんね。

たしか、ThinkPad 560 だったと思いますから、昔も今も変わらないのですね。

8年前に外出先での情報流出を考えてるとは先見性がありますね。
私も560使ってました。
当時にしては非常に薄型で重宝した覚えがあります。
名機でしたね。

IBM/Thinkpad/lenovo Biosパスワードを過信しては危険ですよ
Hddドライブにパスワードを掛けたほうがはるかに良いです。

POP/SVP/指紋認証など専用の道具、設備で解除出来ます
解除を仕事として毎日扱っています。

最新の今年度発売の以下のシリーズはすでに解除が可能です。
Thinkpad X201/i/s/Tablet
Thinkpad Edge 11/13/14/15

一番良いのはPC前から離れる場合耐火金庫に入れ
極力PCは持ち歩かない、どうしても出先でPCを使うのであれば

・PC本体は手で持つ。
・PC内のHddはジャケットの中に入れる
 (チェーン付き袋に入れて落とさないようにする)

出先で使う時、PCにHddを入れて、起動時にHddパスワードを
入れれば、問題なく使用できます。

電車の車内、タクシー、喫茶店で忘れても、Hddさえ持っていれば
大丈夫です。

ホームページを拝見させていただきました。
解除のお仕事なんですねー大変興味深いです。

いつかお願いする日があるかもしれません。
その際にはよろしくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 自慢の携帯 | トップページ | 健康第一ですね »