« Bluetooth大好き | トップページ | あけましておめでとうございます »

2005/12/26

QWERTYキーボード

CNET News.comに興味深い記事がありました。
皆さんが普段PCで使っている、いわゆる「QWERTYキーボード」に異議を唱え、新しい配列を提案したものです。

http://news.com.com/2100-1041_3-6005547.html

この手の話は何度かニュースで登場するのですが、QWERTY(キー最上段部の並びから命名)配列になった経緯が、タイプライター発明時にABC順だったものが、文字を打ち付けるタイプバーが接触しないように配列されたもので、入力しやすいように配列されたものではないそうです。
一説には最上段に「TYPE WRITER」の文字が集中していることから別の説もありますが。

しかしこれは、今となっては新しいキー配列を覚えるのは大変なことだし、そのキーボードが半永久的に存続するという保証も無い以上、移行するユーザがどれだけいるのか心配になります。
私自身はキーボードに触って20年以上たちますが、ブラインドタッチを覚える前に独学で体に染み付いてしまったので、できないんですが配列は覚えているので、違う配列のキーボードが普及したりすると二重苦になりそうで恐いなぁと思いました。
tp

« Bluetooth大好き | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

QWERTY配列が「文字を打ち付けるタイプバーが接触しないように配列された」というのは、残念ながらガセネタのようです。どうガセネタかについては、http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~yasuoka/publications.html の『QWERTY配列再考』をごらん下さい。

なるほど....わかりやすい論文ですね。
非常に参考になりました。

コメントありがとうございます。

QWERTY(クワティー)キーボードって覚えにくいので、今日から私は「たていすかん」キーボドと呼ぶことにします(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« Bluetooth大好き | トップページ | あけましておめでとうございます »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ