« FOMA用マルチナンバー | トップページ | Felicaリーダーの組み込み »

2005/11/28

クレジットカード付きの健康保険証

日本信販が健康保険証つきのNICOSカードを発行するという。
この記事を新聞で見て驚いたが、いろいろメリットはありそうなので、それぞれ検証してみた。

1:医療機関使用限定のポストペイ方式(後払い)
国内では初の試みだそうで、医療費を後払いで支払えることにより家計費の管理がしやすくなるだけでなく、緊・急時の医療には非常に役に立つと思うし、子供やお年寄りが現金を持ち歩かなくて済むメリットが考えられる。
紛失時にも医療機関使用限定なので、悪用されるリスクは減ると思われる。

2:健康保険証の発行代行
健康保険組合は、個別カードになった健康保険証をカード会社が発行することにより、発行コストや、発送コストが抑えられる。カード会社ならではのノウハウもあり、顧客の安全性も確保できる。
ただし、民間企業が公的な使い道のある証明書を発行できるとなると、セキュリティ面や社内管理を徹底して欲しいと願います。

カード会社、保険組合、被保険者それぞれ大きなメリットがありますね。
民間の救急車を使った場合、その代金もこのカードで支払えるのか、調剤薬局で使えるのかとか、聞きたいこともありますが、そのうち対応されるのではないかと思います。

NICOSニュースリリース
http://www.nicos.co.jp/hp_co_info/press/press_041126.html

« FOMA用マルチナンバー | トップページ | Felicaリーダーの組み込み »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。