« いろいろ | トップページ | FOMAソフトウェアアップデート »

2005/06/08

使いきりビデオカメラ

ビデオカメラも使い切り・米CVSが発売
 米薬局チェーン大手のCVSは、世界初の使い切りタイプのデジタルビデオカメラ「CVSカムコーダー」を発売した。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050608AT2M0800S08062005.html

--
ビデオカメラをフィルム付きカメラのような感覚で流通させようという心意気は
スゴイと思いましたよ。これって日本で売ったら売れないだろうし(笑)

携帯にムービー機能が付いてる機種がこれだけ普及してしまっては、出先で
急に撮影しなくちゃ!っていうニーズ(あるのか?)にはコンビニでこれ売っても
かなりキビシイのではないかと。

DVDに焼いてくれる(別料金)とはいえ、残しておくために編集の手間を考えると、
写真のようにメディア別の取捨選択(つまり不要な写真を捨てること)が
できるわけでもなく、1メディアとしてDVDを何らかの形で残さなければならない。

出先で撮影して、自宅PCで編集してという過程を踏むならば、もっと環境的に
依存するだろうし、ユーザ側がいままでにない新しい使い方を発見したり
普及させない限り将来性が薄いのではないかと考えてしまいます。

まぁ他国・他社のことなので主観でしかないのですが。

« いろいろ | トップページ | FOMAソフトウェアアップデート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。