2018/02/01

Active directory DNS不具合

兼業ライターの身としてはたまに文体を変えて書くのも大事なので、今回はコラム風に書いてみる。

先日のサーバー機には、Windows Server 2012 R2 Essentialsを入れて運用している。
社内のローカルバックアップ用なのでなるべく安くというつもりだ。
なにしろクライアント側にライセンスが要らないので、サーバーのライセンスだけで済む。

もちろんLinuxでもいいのだが、顧客にはWindowsServerの利用者が多く、なるべく近い環境でいることが大事だと思っているからだ。
細かい操作や、ありがちなことは普段から接しているから気が付く。

さて、そのWindowsにはありがちなことのひとつに、同一ネットワーク内の接続がよく切れるという持病がある。

これはずいぶん大昔からあることで、共有フォルダが見えなくなる事やSambaでつないだほかのマシンが消えるのにも驚かないのだが、今回からActive Directoryを使ってサーバー機からクライアント機のバックアップを自動で行う設定にしているので、機能的には便利なのだが不具合が発生した。

ブラウザやメールクライアントで頻繁に接続エラーが起きるのだ。
エラーの内容は決まってドメイン名が参照できないというもので、Active Directoryが瞬断してからのハンドオーバーが出来なかったのだろうと予想できる。

とはいえActive Directoryのドメインコントローラに参加しているクライアントはDNSサーバを個別に設定できないようになっている。ネットワークのプロパティで変更はできるのだが、Active Directoryが勝手に修正してしまう。

これはDNSを利用した攻撃を避ける配慮もあるのだが、バックアップや他マシンの管理をサーバー側のDNSを参照するように強制で設定されているからだ。
もちろん、切ることはできるのだがバックアップを手動で行わなければならないので意味がなくなる。

MSのサポートを除くと似た症状の人は多いようだ。
https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/468fb0f3-8202-4bd5-9840-7090472cfaa5/active-directory-?forum=windowsserver2008ja

対策としてはレプリケーションの更新をしないか、WINSを使って名前を解決するのがいいらしい。
とりあえずgoogleのDNSを参照するように設定してみたところ、DNS参照エラーが激減した。

1

厳密には正しくないが、分かりやすく言うとローカルサーバーにキャッシュされたDNS情報が足りないときにWINSを参照するので、参照エラーが起きたときにも「ドメイン名が引けない!」と判定されて他のDNSに聞きに行ってくれるために解決できるという理屈だ。

激減しただけで、解消されたわけではない。
メインマシンでは激減、サブマシンではまったく起きないことから、原因はWindows 10 Fall Creators Update なのだろうとアタリをつけたところ、アップデートでHyper-VのvEthernetが追加されているのが原因だとわかった。

急いでるときに限って繋がらないと(そういう印象が強いのでそう思うだけだが)イライラするので、FireWallもアンチウィルスもある環境ではvEthernetは必要ないという判断で切ってみたところ、DNSの不具合は解消された。

新しい機能が実装されるのはうれしいことだが、Hyper-V関係はどうにも未完成感があるので、もう少ししてから使ってみようと思う。

2018/01/25

Z400の修理

blogに失敗談を書くことは、それだけで「ネタができた!」と気分転換になります。笑

さて、先日のサーバー機ですがCPU交換してから快適だったので、それに味をしめてパソコンのCPUも交換しようと思いつきました。

僕が使ってるのは8年も前のワークステーションでHPのZ400です。
GPUはquadro4000だし、コンシューマ向けのPCと違って作りもいいし、当時のミドルエンドなXeonプロセッサを積んでるお陰で、ゲームもレンダリングもやらない環境であればSSDだけ現代のを使ってれば特に遅くて困る事も無かったのですが、このマシンに搭載できる最高スペックのCPUも手ごろな値段で買えるようになっているので、この際一番最高な状態で使い倒して寿命まで頑張ろうとか思ったのです。

4_2

さて、CPUも2万円しないぐらいで簡単に手に入れて、CPUクーラー(水冷)を外して、あっさり終わらせようかなと思っていたんですが、ここで悲劇がが!!

昔のCPUソケットと違って、マザーボード側が剣山みたいになってるので、破損したらアウトだなって思いながら作業してたわけですが、見事にCPU落として曲がりました。泣

老眼気味の僕にはキツイ作業ですが、こうなったらピンを戻すしかありません。
作業性を考えて全バラシして、ついでに埃も掃除してみました。

HPのマシンは整備性が非常に高く、このZ400もマザーボードを外すのはネジを外さなくても、ワンタッチでベースプレートごと取れるようになっていて、ケースから簡単に分離できます。

2_2

これで上手くいけば、きれいに埃が取れてよかったぐらいに自分をごまかせるのですが、仮組みから電源を入れても起動しませんでした。

どうやら修正が甘かったらしく、どこかでショートしたのでしょう。
もう一度念入りにCPUソケットをルーペで拡大しながらきれいに直しました。

3


これでも起動しません。泣
もちろん、CPU側の不具合も考慮して、新・旧CPUを交換して試したりしてます。


さて、ここからの選択肢として....
1.修理をあきらめて部品取りして別のマシンをアップグレード
2.マザーボード交換(同型か次世代か)
3.捨てる

1.は同型機がスペアとしてあるので、そちらを最高スペックにすることは可能だったのですが、スペアはそれなりに使うこともあり、あまり触ることなくコールドスタンバイでいて欲しいというのがありました。
2.のマザーボード交換は同型機の中古品がヤフオクで8000円、CPUソケットのみ交換ならAmazonで1400円で入手可能、手間を考えれば前者でいいのですが、それならいっそのこと8年前のモデルを直すのではなく、次世代機のマザーボードというのも考えました。
ただし、CPUとメモリは使えなくなります。継ぎ足して24Gあるメモリを買い換えるのは、あぶく銭でもあれば良かったんですが、経済的にも心理障壁も高すぎるため断念。

いっそマシンごと買い替えのタイミングなのではないかと思い始めたぐらいですが、結局は、マザーボードの交換という事にしました。

1


全バラシしてたマシンを組み立てるのであれば、マザーボード交換の手間は同じだし、自分のミスを8000円でカバーできるのであれば、何万も出して買い替える必要はないという判断です。

ということで、現在そのマシンでこの記事を書いてるわけですが、一番いいCPUを選んだお陰で快適な気がします。

ちなみにWindows10のライセンス認証ですが、マザーボードを交換してるわけですから認証が切れてしまいます。特に僕のはWindows7からの無償アップグレードだったのでパーツ交換すると認証が通らなくなるのですが、マイクロソフトの認証センターに事情を言えば(チャットでやりましたが)旧ライセンスのロックを解除して、同じプロダクトIDで再認証できるように手続きをしてくれます。

これであと2年戦えたらいいなあ。

2018/01/11

MicroServer Gen8

業務で使うサーバーは全てクラウドに移行したので、ローカルで使うサーバーの出番は巨大ファイルのバックアップとか、クライアントのフルバックアップぐらいしか使わなくなっていたのですが、そろそろN54Lも世代交代だなあと思っていたら、Gen10が発売されたおかげでGen8がお買い得価格になっていたので、年末に購入しました。

CPUはXeon E3-1220Lだったので、低電圧版とはいえXeon E3!すげえ!とか思ってたんですが、E3とは名ばかりですごい遅いCPUでした。笑
なにしろ第三世代のCore-i3よりもCPUスコアが低いので、ファイルサーバーとしては申し分ないのですが、WindowsServerで運用してクライアント管理もしたかったので、少しリッチなCPUに交換することにしました。

20180115_161712

サポート外ですが、先人達の報告で以下のCPUが動くらしいとのことで、ヤフオクで16,000円即決とお手頃価格と、スコアが2.2倍も上(消費電力もそれなりですが、バックアップ時しか起動しないのでOK)E3-1265Lにしました。(一番右の数字がスコア)

■搭載されてるCPU
Intel Xeon E3-1220L 2.20Ghz 3.40Ghz LGA1155 2 20W 3563

■サポート外だが動作確認されてるCPU
Intel Core i5-3470T 2.90Ghz 3.60Ghz LGA1155 2 35W 4677
Intel Xeon E3-1265L V2 2.50Ghz 3.50Ghz LGA1155 4 45W 8141


20180115_161849

一番心配してた温度も37度ぐらいなので過熱の心配はなさそうです。
45Wで動いてるのも確認しました。

1_2


N54L(写真右)も三年間ノントラブルで動いてくれて大感謝!!
5インチベイに小物入れを付けたのが地味に便利でした。

20180111_101336

2017/12/27

SSL対応

ugtopがブラウザによってはSSLで表示しない場合に不正なサイトと表示されることがあるので、簡易的ではありますがSSL対応にしました。

2017/09/20

iOSのアップデートに失敗した時は

最近の大学生はパソコンを持っていないそうだ。
レポートもスマホで作成していると聞いて少し驚いた。

大学生のスマホ普及率は言うまでもないが、データ復元なんかの仕事をしていると、受け付けている店頭では意外なトラブルが多い。

「アップデートに失敗して動かない」

「iTrunesに繋げろと出たまま動かない」

こういう端末が持ち込まれるようだ。

それで先ほどの大学生の話になるのだが、iTrunesに繋げばアップデート失敗してもやり直せるのだが、手持ちでiPhoneしか持っていないという子は途方に暮れるそうだ。

アップデート失敗したときに助けてくれる友達でもいれば不要なのだが、友達がいてもパソコンを持っていない場合は、こういうサービスもある。

以下は宣伝になってしまうが、宅配便で送れば直して送り返してくれる。


iPhone不具合調査・復旧
http://eastermb.shop-pro.jp/?pid=122637659

«X240をアップグレードさせる。